SADとは"Social Anxiety Disorder"の略称。社会不安障害と呼ばれる症状のことです。

人前で話したり、食べたり、書いたりしようとすると、不安や恐怖を覚えて赤面する、汗が出る、震えや口の渇きがおきる。本人がどんなに苦しくても周りにはその辛さが伝わらないこの症状、実は脳内物質に関する機能異常による「病気」の可能性があります。

注目を浴びる行動に不安を感じる病気を 社会不安障害(SAD/エス・エー・ディー)といいます
SADとは

「人前で何かをすることによって、悪い評価をされるのではないか・・・」「周囲から注目を浴びるようなことをして、恥ずかしい思いをしてしまうのではないか・・・」

例えば結婚式のスピーチを頼まれて、「ちょっと恥ずかしいな」と思うのは誰にでもあることですが、スピーチを頼まれた時から失敗して他人から馬鹿にされはしないかと考えプレッシャーを感じて苦しい日々を過ごしたり、マイクの前に立ったもののふるえが止まらず、声もうわずり、スピーチを続けられなくなってしまう。あるいは、友達の家に食事に招待されたものの、不適切な食事のマナーを指摘されるのではなどと気になって、顔が真っ赤にほてり、おいしい料理ものどを通らなくなってしまう。

このように、他人に悪い評価を受けることや、人目を浴びる行動への不安により強い苦痛を感じたり、身体症状が現れ、次第にそうした場面を避けるようになり、日常生活に支障をきたすことを、社会不安障害(SAD:Social Anxiety Disorder)といいます。

この社会不安障害(SAD)は性格の問題ではなく、精神療法や薬物療法によって症状が改善することがある心の病です。ちょっと恥ずかしいと思う場面でも、多くの人は徐々に慣れてきて平常心で振る舞えるようになりますが、社会不安障害(SAD)の人は、恥ずかしいと感じる場面では常に羞恥心や笑い者にされるのではという不安感を覚え、そうした場面に遭遇することへの恐怖心を抱えています。

思春期前から成人早期にかけて発症することが多いこの病気は、慢性的になり、人前に出ることを恐れるようになると、「うつ病」等のさらなる精神疾患の引き金となることもあります。日本国内に推定で約300万人以上の患者さん*がいると言われており、現代社会では多くの患者さんを抱える一般的な病気です。この病気にかかるのは決して特別な人ではなく、現在も海外では多くの患者さんが医療機関での治療を受けています。

代表的な症状について
社会恐怖症は対人恐怖症とか、あがり症とか言われているものですが、強迫神経症(強迫性障害)の一種になるものであり、アメリカなど海外に比べて、日本において特に顕著に見られるものです。

農耕民族を祖先に持つ私たち日本人は、隣近所との付き合いを重視する風土の元で、人と同じように考え、行動しなければならないという習慣が生まれながらにして、備わっているのかもしれません。

最近は、住宅にしろ、街の作りにしろ、形だけは西欧化してきていますが、このことが、さらに精神的な日本の風土とのギャップを生み、社会恐怖症に悩む人を増加させているのではないかという気がします。

昔からの日本の建物や街作りの中には、隣近所との付き合いがスムーズに出来るような工夫が取られていたように感じます。

しかし、今、ここで、このようなことを言っても仕方のないことだと思います。

このページを読まれている方も、今の自分の悩みが少しでも楽になればと考えておられることと思いますので、このページでは、具体的に社会恐怖症とは、どのような悩みなのかということを知っていただければと思っております。


社会恐怖症と一口に言っても、この症状は、非常にいろいろなものが含まれます。 一例を挙げますと下記のような悩みが社会恐怖症の症状になります。

●人前で緊張してしまい、自分の考えを話せなくなってしまう。

●人前で緊張してしまい、手や足、声が震えてしまう。

●人と面と向かうと、目のやり場に困ってしまう。

●何時も人から見られているようで、ぎこちなくなってしまう。

●異性とか目上の人の前で、顔が赤くなってしまう。(赤面症)

●相手を正視することが出来ない。正視しようとすると、
目に力が入ってしまい、目がきつくなって相手に不快感を与えてしまう。

●人と話している時に、表情が引きつってしまう。

●笑う時に、顔が引きつって、自然に笑えない。

●笑ってはいけないような場所で笑いたくなってしまう。

●人前で緊張し、汗を異常にかいてしまう。

●人前で声が震えたり吃ったりしてしまう。

●電話で言葉に詰まってしまい、電話に出るのが恐くなってしまう。

●人を傷つけたり危害を働くのではないかと不安になってしまう。

●何か物がなくなった時に、自分が盗んだと思われるようで不安になってしまう。

主なものだけでも、上に挙げたような症状があります。


いずれの症状も、人から変に思われるのではないかという不安が根底にあると言えるのです。

人見知りをするとか、人に気を使うということは、誰にでも多かれ少なかれあるものですが、これが過度に強くなり、「とらわれ」や身体的症状として慢性的に起こるようになったのが社会恐怖症だと言っても良いのではないでしょうか。

日本のような集団行動を重視する社会においては、人間関係が崩れることは、社会的に死を意味するため、この社会的な死の恐怖から 社会恐怖症の症状が起こってくるのではないかと思います。


社会恐怖症で悩んでいる人の特徴
上記のような社会恐怖症の症状に悩んでいる人は、かつての私もそうでしたが、自分の性格がいけないのだと、性格改善のために、交際術に関する本や、心理学関係の本を読んだりするものです。
また、性格矯正のために、民間療法を試みたり、宗教的な修行に救いを求めたりすることが多いように思います。

しかし、こういう行動を取れば取るほど、逆に症状を強くしていっているのです。


社会恐怖症の症状が強くなっている時の状態
何年となく、社会恐怖症の症状を抱えて生活している中で、だんだん毎日の生活が苦しく、辛く感じられてくるものです。

そして、このような状態の時には、人が自分の症状に気づき、自分を避けているとか、人から陰口を言われているとか、妄想に近い状態になってくるものです。

しかし、これは統合失調症(精神分裂病)などで見られる妄想とはまったく異なるもので、「関係念慮」と言われているものなのです。

この妄想と関係念慮は非常に似ている部分があるために、専門の先生でも時として診断を誤ることさえあります。


社会恐怖症の国際的診断分類(DSM-Ⅲ、ICD-10)について
始めにも書きましたが、社会恐怖症は日本で生まれた言葉だと言えます。

しかし、確かに社会恐怖症で悩む人は日本人に多いのですが、世界的に見ても、これに近い症状が存在するということが分かってきました。

このため、国際的診断分類(DSM-Ⅲ、ICD-10)において社会恐怖として分類されるようになりました。

ですから、病院などで診断してもらった結果、社会恐怖症という病名が付けられることも多くなっているのではないかと思います。


社会恐怖症治療に関する危険な医学界の流れ
最近、新聞などを通じて、社会不安障害という言葉を目にするようになりました。

また、このための新しい薬が開発されたとのことで、臨床実験が行われているようです。

しかし、これは、神経症や社会恐怖症が脳内の物質的な異常から来るものという前提に立った、全く誤った方向の動きだと思います。

神経症にしろ社会恐怖症にしろ、これは誤った認識に基づく、考え方の「癖」が原因になっているに過ぎないというのが森田療法の考え方であり、また、事実、この考え方の「癖」を改善していくことで、症状が治っているという多くの実績があるのです。

Star of life caution.svg

ウィキペディアは医学的助言を提供しません。免責事項もお読みください。

社交不安障害(しゃこうふあんしょうがい、Social Anxiety Disorder、SAD)とは、「社交場面」でネガティブ(否定的)な評価を受けたり、他人に辱められる事に対する強い不安を主な症状とする精神疾患。日本では英語名の「Social Anxiety Disorder」を直訳した「社会不安障害」と呼ばれていたが、「社会不安」という言葉には誤解も多いことから、2008年に日本精神神経学会において、より実態に近い表現の「社交不安障害」という名称に変更された[1]。

人から注目を集める場面において、誰しも不安を感じる事があり、それをあがり症と呼んだり、特にあがりやすい人をシャイと呼んだりする。しかし、それが原因で日常生活に支障をきたすような事はなく、通常はそういった場面に慣れるうちにあがりにくくなるものであり、身体的な症状はあまり発現しない。

これに対して社交不安障害は強い不安を感じるあまり、震え・吐き気などの身体症状が強く発現し、そういった場面にはなかなか慣れないため、たとえしなければならない事であっても次第に避けるようになり、日常生活に多大な影響を及ぼす点が異なる。
主な症状 [編集]

社交不安障害患者が強い不安を感じる場面として、最も多いのが『見知らぬ人や、少し顔見知りの人との会話』と『人前での発言・スピーチ』、次いで、『権威がある人(社会的立場が上の人)との面談・会話』、『会社で電話をとる』、『受付で手続きをする』、『人前で文字を書く』、『人前でご飯を食べる』、『会食やパーティに参加する』『自宅(ストレスとなる因子がある場合)』などである。

このような場面で社交不安障害患者には、さまざまな症状が身体に現れる。強い不安を感じる、強い緊張を感じる、頭が真っ白になり何も答えられない、声が震える、声が出ない(選択緘黙)、手足の震え、めまい、動悸、口が渇く、赤面する、汗が出る、吐き気がする、胃のむかつき等の症状がある。

こうした強い不安を避けるため、また人に知られたくないと考えるあまり、社交不安障害患者は周囲の人々との接触や、人前での活動を避けるようになり、日常生活に支障を及ぼす事になる。また、症状が慢性化すると、うつ病やパニック障害なども併発する危険性があるので、早期の治療を要する。

『自殺を考えたことがある』人の割合はうつ病の人よりも多く、実際周囲の人が思っている以上に患者達は悩んでいるといわれる。

生涯有病率は3 - 13%と言われており決して稀な病気ではない。5歳以下など世代を問わず発症するが、特に15歳頃の思春期に多く、不安障害の中で最も発病年齢の低い病気と言われている。しかし、30 - 40代あたりに管理職につき、人前で話す機会が多くなり発症するといったケースもめずらしくない。頻度に特筆すべき男女差はないが、若干男性の割合が多い。

なお、症状はパニック障害と似ているが、パニック障害が「死」や「精神的におかしくなってしまうこと」に対する強い不安であり発作的に症状が発現するのに対し、社交不安障害では「人」や「社交場面」に対する強い不安であるところなどが異なっている。